企業情報

Ernest Borel > 企業情報 > 正文

新たなる旅立ち、手を取り合ってウィンウィンへの出航
アーネスト・ボレル ブラック・コレクション新作発表会

2017-08-03
出所:
作者:瑞士依波路
文章掲載時間:

(2017年7月7日、四川省成都)2017年7月7日、161年目を迎えた世界的なスイスウオッチメーカー、アーネスト・ボレルは、ブラック・コレクションのオートマティック新作クロノグラフを携えて欧州を出航し、“天府之国”成都の成都酒店に到着、クラシックとモダンがクロスオーバーした航海に一区切りつけた。ボレルウオッチの“クイーン”陳慧琳(ケリー・チャン)、“プリンス”林峯(レイモンド・ラム)が成都まで駆け付け、メディアには初のお目見えとなるアーネスト・ボレル・ホールディングス代表取締役兼CEOの薛由釗が、スイス本社のRenaud de Retz総裁とともに舵を回して時間をロックした、この大事な瞬間、会場を埋めたセレブと一緒に、ウィンウィンの新たなる旅の成功を祝した。 ボレルウオッチの故郷スイスのロマンティックなイメージを再現するため、成都発表会の会場も欧風建築スタイルのステージが用意されるとともに、「同心鎖」(愛の誓いの錠)をテーマにしたデザインを加えて、ロマンティックな雰囲気を演出。ボレルウオッチと会場のセレブとを密接に結びつけて“ロック”した。薛由釗CEOによると、「成都は天府之国、蜀中の江南との美称もあって、美しい風景と文化的な気質はロマンの香り濃厚で、この独特な悠久の歴史に、ロマンティックで深みのある文化的な雰囲気は、ボレルウオッチの風格と共鳴するものがある。今回のボレルウオッチ新作発表会では、プロフェッショナル、デリケート、ロマンティックなスイスウオッチの文化とデザインを、成都の人々と共有したい。」 ロマンティックなラブソングが流れてくると、スクリーンにエレガントなシルエットが映し出され、ケリーとレイモンドが両サイドのスクリーンわきからゆっくりとステージの中央に。会場ではこの二人のイメージキャラクターがそれぞれにボレルウオッチを称えるとともに、自分とボレルウオッチ10年のロマンティックストーリーを会場のセレブたちとシェアして、来場者は不思議なロマンの航海を体験したかのような気持ちになった。 そして、薛由釗CEO、Renaud de Retz総裁に、ケリーとレイモンドも加わって出航のためのロックを回転させ、ブラック・コレクションのオートマティック新作クロノグラフのお披露目を行うと同時に、新たなる旅立ちの象徴として、“手を取り合ってウィンウィンへの出航”を祝った。来場者の拍手と歓声の中、イベントはクライマックスに達し、ダンサーがエレガントなダンスを踊りながら、まるで愛をささやくかのようなパフォーマンスで、ロマン、永遠の愛を表現して会場全体を盛り上げた。続いて行われたウオッチショーでは、百年以上の歴史をもつボレルウオッチの魅力がいかんなく発揮され、ケリーとレイモンドがモデルを従えて2017年ブラック・コレクションの新作クロノグラフを披露。二人のエレガントなスタイルが、この新作とぴたりとマッチしており、その一挙手一投足が今回の新作ウオッチのスタイリッシュで典雅な独自の魅力を物語っていた。 時間がボレルウオッチの成長を刻み、時間がその未来を見届ける。アーネスト・ボレルは常に「ロマンティックなひととき、一生のパートナー」というブランド理念を堅持してきており、これからも愛とロマンの精神を継承して消費者の期待に応えつつ、華麗な航海を続けていくことだろう。